HOME

buyessays.biz

darwinessay.net

クリエイティブ・アーツ・セラピーは、人が本来持つ創造性を生かすことで自己治癒力を高め、より豊かに、そしてより健やかに生きることを目指します。

クリエイティブ・アーツ・セラピーの主な目的として、心身の不調やさまざまな障がいの回復、機能の維持や改善、ストレスの緩和や予防、リラクゼーションの 促進、モチベーションや生活の質の向上、行動の変容、自己洞察の深化、その他、自尊心や自己肯定感、主体性や柔軟性、創造力や表現力などの向上があげられ ます。

クリエイティブ・アーツ・セラピーは、誰もが持つ創造性を活かすことにより、性別・年齢・障害を問わず、あらゆる対象者の自己成長や自己実現を目指し、医療・福祉・教育・心理、司法、産業の分野で幅広く柔軟に適用されます。


アートセラピー

描画や粘土制作、コラージュなど色々な造形手法を、対象者の目的やニーズに合わせて行う心理療法です。創作中は自己との対峙や自己表現を経験し、完成した作 品と制作過程を振り返ることで自己洞察を深めていきます。これらのプロセスは、心身の回復やストレスの軽減、内的世界への気づきなど様々な効果が期待でき ます。

ダンス/ムーブメントセラピー

からだの感覚や動きを通してこころの動きに光をあて、その感情や象徴的意味を探索していきます。ダンスの持つ創造的、変容的、人とのつながりを築く力を対象者のニーズに合わせて活用し、内的世界を具現化することで自己理解を深め、体験の統合を促すことを目指します。

ドラマセラピー

様々な役割体験、身体を使ってのイメージ表現、「物語る」ことなどを通し、新たな視点や客観性、感情の解放、人とつながる感覚などを得ていきます。演劇的な 手法や劇創造のプロセス(過程)を、対象者や目的、状況に合わせて使い分けながら、課題の達成や症状の緩和、健康増進などを目指します。

表現アーツセラピー

表現アーツセラピーは、絵画造形、音楽、ダンス/ムーブメント、ドラマ、文芸などの創作芸術を統合的に使った心理療法で、作品に注目するのではなく 創作過程そのものに焦点をあて、五感を重視した活動中心型セラピーで す。また、様々な創作表現を通してのイマジネーションの探求が体、感情、思考などへの気づきを深めることを目標としています。

ミュージックセラピー

音楽が人間に対し全人的(身体的・感情的・霊的・社会的)に働きかける力を生かし、自己表現としての音楽活動(歌う・聴く・演奏する等)を臨床目標 に沿って 体系的に用いながら、心身の健康維持・促進・回復等をめざします。音楽の三要素(旋律・拍子・和音)を対象者や場に応じて効果的に使います。